HOME>RRLの調査・診断技術

RRLの調査・診断技術RRLの調査・診断技術

衝撃弾性波検査法

衝撃弾性波検査法とは、TVカメラ等による視認だけでは確認できない管内の腐食や摩耗による減厚、破損、クラック等を利用して非破壊で瞬時に測定できる弊社独自の管路調査・診断システムです。管内面に軽い打撃を与えてデータを収集、劣化の種類、箇所、程度等を正確に計測し、データを収集。これらのデータに基づいて的確に「改築・修繕の優先順位、工法」をご提案いたします。

特長

1. 管体の自立強度を数値化して推定。的確な「改築・修繕の優先順位、工法」を提案できます。
2. 振動を計測・解析するため、付着物に隠れた微細なクラックまでもキャッチします。
3. ロボットで検査するため判定に個人差がなく、いつでも誰でも結果は同じです。
4. 管を軽くたたくだけの完全非破壊検査で、管を傷つけません。
5. 計測データが数値のため、パソコン処理で自動かつスピーディに管路診断報告書を作成できます。

従来のTVカメラ調査の問題点

下水道管路の改築要因の約半分は、「破損・クラック」、「腐食・摩耗」ですが、TV カメラによる視覚的な調査だけでは、管路状況を正確に確認することは困難です。
■問題点
(1)調査の結果が定性的
(2)管内面の視覚的情報のみ
(3)判定に個人差がある
(4)検査員の訓練・経験が必要